ブルーチーズがピリピリするのはなぜ?腐っている見分け方は?賞味期限切れ半年は食べれる?

・この記事はプロモーションを含みます

フード

ブルーチーズがピリピリするのはなぜ?腐っている見分け方は?賞味期限切れ半年は食べれる?

目安時間 7分

今回の記事では、ブルーチーズがピリピリするのはなぜなのか、腐っているかどうかの見極め方、そして賞味期限切れの後も美味しく食べれるのかどうかについて詳しく解説していきます。

 

ブルーチーズがピリピリするのはなぜ?腐っているから?

ブルーチーズを食べるとピリピリとした刺激を感じることってありませんか?

 

ブルーチーズを食べてピリピリ感を感じる場合、そのブルーチーズは腐っている可能性があります。
少しでも舌にピリピリ感を感じたら腐っている場合がある為、食べるのは控えておいた方が良いでしょう。

 

しかし、人によっては腐っていないブルーチーズでも舌に刺激を感じることもあるそうなので、一概に腐っているとは言えないため、ピリピリ感以外での腐っているかどうかの見極めが重要となります。

 

スポンサーリンク

ブルーチーズが腐っている際の見分け方は?

ブルーチーズはその特有の匂いと風味で愛されていますが、時折、腐っているのではないかと心配になることもありますよね。

 

以下では安心してブルーチーズを楽しむために、腐っているかどうか見極める方法をご紹介します。

 

①舌がピリピリする

先ほどもご紹介した通り、ブルーチーズを食べて舌に異常なピリピリ感を感じる場合は腐っている可能性がある為、食べるのは控えましょう。

 

②アンモニア臭がする

ブルーチーズが腐ったかどうか確認する際に、匂いを嗅ぐことも重要です。

 

ブルーチーズからアンモニア臭がした場合、品質が低下し腐っている可能性があります。

 

注意点として、匂いを嗅ぐ際は直接嗅ぐのではなく、手で仰ぐようにして嗅ぎましょう。

 

③赤カビが生える

ブルーチーズが腐っているかどうかを見分ける方法の一つとして、まずチーズの表面に赤い斑点や赤いカビが生えているかを確認しましょう。

 

通常、ブルーチーズには青い斑点(青カビ)が見られますが、赤いカビや異常な色合いがある場合は腐っている可能性があります。また、異臭や変色が感じられる場合も注意が必要です。

 

スポンサーリンク

ブルーチーズから水が出るけど食べても大丈夫?

ブルーチーズは牛乳から作られている為、購入後すぐに「ホエー」という牛乳の水溶性の成分が出てくることがあります。その為、この水が滲み出る現象は、通常は自然な現象であり、品質に問題はありません。

 

しかし、購入後すぐにでは無く、数週間ほど経過して急に水分の増加が感じられる場合は、品質の低下が考えられるため、食べるのは控えた方が良いでしょう。

 

ブルーチーズを食べると喉が痛いのはなぜ?

ブルーチーズを食べると喉が痛くなるのは、いくつかの原因が考えられます。

 

一つは、青カビの成分によるものです。ブルーチーズの青カビは正式には「ペニシリウム・ロックフォルティ」「ペニシリウム・グラーカム」といった毒性の弱いカビであり、これらは熟成が進む過程で分解され、毒性はほぼ無くなりますが、もしかするとこの成分に反応して痛くなるのかもしれません。

 

二つめは、アレルギー反応によるものです。ブルーチーズに含まれている「カゼイン」が、アレルギーを引き起こすことがあります。

 

また、これらの他にも喉が敏感な方がブルーチーズ食べ、チーズと相性が合わず喉が痛くなる場合も考えられます。

 

 

ブルーチーズを楽しむためには、食べる前に個々の特性や健康状態を確認し、適量で楽しむことが大切です。

 

スポンサーリンク

ブルーチーズの賞味期限が切れて半年だけど食べられる?

ブルーチーズの賞味期限が切れても、保存状態によっては食べることができる場合がありますが、注意が必要です。

 

ブルーチーズの賞味期限が切れた後も冷蔵庫で適切に保管され、尚且つ未開封であれば、品質の低下が抑えられ、安全に食べることができる可能性があります。

 

ただし、見た目や匂いに変化がないかを確認することが重要です。異臭や異常な色合いが感じられる場合、食べるのは控えた方が良いでしょう。また、個々の健康状態やアレルギーにも留意しましょう。

 

スポンサーリンク

ブルーチーズは食中毒になるの?症状は?

新鮮なブルーチーズ自体が食中毒を引き起こすことは稀であり、一般的には安全に摂取できる食品です。しかし、特定の状況や保管方法によっては注意が必要です。ブルーチーズが適切に製造・保存されていれば、通常は安全に食べることができます。

 

しかし、上記でご紹介したように、異常な匂いや見た目の変化が起きた腐っているブルーチーズを食べた場合は、食中毒の症状が現れる場合もあります。症状には下痢、嘔吐、腹痛、発熱などがあらわれます。

 

賞味期限や適切な保管方法を守り、ブルーチーズを美味しくかつ安全に楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ブルーチーズがピリピリするのはなぜなのか、腐っているものの見分け方などについてご紹介しました。

 

ブルーチーズを食べる際には、匂いや見た目をよく観察し、保存方法や賞味期限にも気を付けて安心して美味しい状態のブルーチーズを食べましょう。

   フード   0

この記事を書いた人

Rei

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
error: Content is protected !!