ラクトアイスはなぜ体に悪い?危険性って何?アイスミルクとラクトアイスの違いや商品についてもご紹介

・この記事はプロモーションを含みます

フード

ラクトアイスはなぜ体に悪い?危険性って何?アイスミルクとラクトアイスの違いや商品についてもご紹介

目安時間 9分

ラクトアイスが体に悪いとされる理由や危険性、またアイスミルクとの違いについて疑問をお持ちの方へ向けて、今回はラクトアイスに関する疑問に迫ります。

 

ラクトアイスの健康への影響やアイスミルクとの違いについて、詳しく解説していきます。

 

知識を深め、食生活における適切な選択をするための参考になれば幸いです。

 

ラクトアイスとは?どんな商品なの?「ラクト」の意味は?

 

ラクトアイスは、乳製品を主成分としたアイスクリームの一種です。乳固形分が3.0%以上であればラクトアイスと規定されています。

 

一般的なアイスクリームに比べてさっぱりとした味わいで、フレーバーの種類が豊富なのが特徴です。

 

「ラクト」の意味は、ラテン語で「乳」を意味する言葉で、和製英語となっています。

 

 

スポンサーリンク

ラクトアイスが体に悪いと言われる理由はなぜ?恐ろしい正体・危険性って何?

ラクトアイスが体に悪いと言われる主な理由には、植物油脂が多いから、砂糖が多いから、界面活性剤が入っているからなどがあります。

 

以下では、それぞれの理由について詳しく解説していきます。

 

危険性を理解するためには、摂取量と頻度が鍵です。健康を損なわない範囲で楽しむことがポイントです。

 

商品選びでは、成分表を確認し、低脂肪や低糖のオプションを選ぶことがおすすめです。ラクトアイスを美味しく楽しむためにも、バランスのとれた食生活が大切です。

 

心地よい味わいと健康の両立を目指し、ラクトアイスを楽しみましょう。

 

理由① 植物油脂が多いから

ラクトアイスが体に悪いとされる理由の一つは、植物油脂の多さです。

 

ラクトアイスには、アイスクリームやアイスミルクと比べて、植物性油脂が多く含まれており、摂りすぎると体に悪影響を及ぼす危険性がある為です。

 

また、通常であれば植物油脂はトランス脂肪酸を生成しやすく、これが血管を詰まらせ、動脈硬化の原因となります。

 

しかし、農林水産省の調査によると、ラクトアイスにはトランス脂肪酸は含まれていないとされています。

 

理由② 砂糖が多い

ラクトアイスが体に悪いと言われるもう一つの理由は、砂糖の含有量です。

 

ラクトアイスは一般的に甘さを増すために砂糖を多く使用しますが、これが健康への悪影響をもたらすことがあります。

 

過剰な砂糖摂取は肥満や糖尿病のリスクを高め、歯の健康にも悪影響を及ぼします。特に子供たちは糖分の過剰摂取が将来的な健康に影響を与える可能性があります。

 

ラクトアイスを選ぶ際には、砂糖の含有量に注目し、低糖質のバリエーションを選ぶか、摂取量を意識して楽しむことが大切です。

 

バランスの取れた食事と適度な甘さで、美味しさを堪能しながらも健康を守りましょう。

 

理由③ 界面活性剤が入っている

ラクトアイスが体に悪いとされる理由の一つは、界面活性剤の使用です。

 

ラクトアイスにはクリーミーな食感を保つために、乳化剤や安定剤として界面活性剤が含まれていることがあります。乳化剤は、水と油の分離を防ぐために加えられます。

 

これらの添加物が健康に及ぼす危険性が指摘されています。

 

ただし、ラクトアイスに含まれる乳化剤の種類は、製造元によって異なるため、一概に全てのラクトアイスに界面活性剤が含まれるとは言えないようです。

 

商品を選ぶ際には、添加物の成分表を確認し、天然の乳化剤を使用している製品を選ぶことが理想的です。ラクトアイスを安心して楽しむためには、成分に対する理解が必要です。

スポンサーリンク

アイスミルクとラクトアイスの違いは?

アイスクリームの中でもアイスミルクとラクトアイスは似ていますが、微妙な違いが存在します。

 

アイスミルクとラクトアイスの違いは、乳固形分と乳脂肪分の含有量によって決まります。

 

アイスミルクは、乳固形分が10.0%以上含まれていものであり、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。

 

一方で、ラクトアイスは乳固形分が3.0%以上のものであり、アイスミルクよりも少なくあっさりとした風味です。

 

商品選びのポイントは個々の好みと、摂取したい栄養素によります。

 

食べ比べてみて、自分に合ったアイスを見つけてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ハーゲンダッツはラクトアイス?

ハーゲンダッツは、高級感あふれるアイスクリームの代表的なブランドとして知られていますが、果たしてラクトアイスなのでしょうか?

 

結論から言うと、ラクトアイスとハーゲンダッツは主成分が異なるため、ハーゲンダッツはラクトアイスではありません。

 

ラクトアイスは、植物油脂を主成分としているため、アイスクリームやアイスミルクに比べて乳脂肪分が少なく、代わりに植物油脂が含まれています。

 

一方、ハーゲンダッツは、乳成分を主成分としており、乳脂肪分が多く含まれています。

 

ハーゲンダッツの美味しさを満喫しつつ、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

 

食べる喜びと健康を両立させるために、自分の体に合ったスイーツの楽しみ方を見つけてみてください。

スポンサーリンク

ラクトアイスはどんな商品がある?

ラクトアイスは多種多様なフレーバーとバリエーションが楽しめるアイスクリームの一種です。

 

さまざまなメーカーが独自のアプローチで商品を展開しており、その中にはヘルシー志向や特別な食材を使用したものもあります。

 

一般的なラクトアイスの代表的な商品は「明治エッセルスーパーカップ 超バニラ」や「爽」などがあげられます。

 

ラクトアイスは種類が豊富なので、自分の好みや健康志向に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

 

是非、様々なフレーバーを試してみて、お気に入りのラクトアイスを見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

ラクトアイスじゃないアイスはどんな商品がある?

ラクトアイス以外にも、多彩なアイスクリームが市場に登場しています。

 

全国的なものだと、

 

・ハーゲンダッツ、

・パルム

・ビスケットサンド

・プレミアムホームランバー

・バニラモナカジャンボ

 ・デザートプレミアムカップ
・ジャージー牛乳シリーズ ソフトともなか

・MOW

・ピノ

 

等があげられます。

 

アイスクリームの世界は多様で、自分の好みやライフスタイルに合った選択ができるのが魅力。

 

新しい発見と美味しさを求めて、様々なアイスを試してみるのも楽しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ラクトアイスが体に悪いと言われる理由や、その危険性、アイスミルクとラクトアイスの違いなどについてご紹介しました。

 

ラクトアイスは植物性油脂を多く含んでいることから、危険だという指摘もありますが、摂取量と頻度を意識していれば、健康を損なわない範囲で楽しむことができます。

 

自身のライフスタイルにあったアイスを選び、健康的な生活を目指しましょう。

   フード   0

この記事を書いた人

Rei

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
error: Content is protected !!