嫁いだ娘の新築祝いの相場は?親として30万で良いか?親から子への相場も調査!

・この記事はプロモーションを含みます

ライフ

嫁いだ娘の新築祝いの相場は?親として30万で良いか?親から子への相場も調査!

目安時間 12分

新しい家庭の一歩を踏み出す娘への新築祝い、その相場って一体いくらなのでしょうか?

 

親として気になる金額は果たしていくらが妥当なのでしょうか?

 

この記事では、嫁いだ娘への新築祝いの相場や、親から子への贈り物の適切な金額について調査してみました。

 

 

嫁いだ娘の新築祝いの相場は?

 

娘や息子への新築祝いの相場は、50,000円から100,000円です。

 

親が子どもに対して新築祝いを贈る際、通常は他の方よりも高額な金額が一般的とされています。

 

ただし、特定の事情がある場合、

 

例えば建築資金の援助がある場合には、その援助金を新築祝いとして充てることも一般的です。

 

また、新築祝いとして金銭を贈る代わりに、一緒に食事に行くなど異なる方法でお祝いすることもあります。

 

 

新築祝いの相場は、贈る側として気になるポイントです。

 

親として、娘の新居を祝福する際に相場を知ることは、喜びに満ちた贈り物を選ぶために重要です。

 

以下に、嫁いだ娘の新築祝いにおける相場について詳しく掘り下げます。

 

 

・ 相場の地域差を理解する

 

地域によって物価や生活水準が異なるため、新築祝いの相場も地域差が生じます。

 

都市部や郊外など、娘の住む場所によって相場を考慮することが大切です。

 

 

 

・娘の生活スタイルを踏まえた相場設定

 

娘の生活スタイルや好みによって、新築祝いの相場は変わります。

 

娘がシンプルな生活を好む場合や、贅沢なものを好む場合などに合わせて相場を検討します。

 

 

 

・親の経済状況を考慮した贈り物

 

親自身の経済状況も相場の設定に影響を与えます。

 

相場が高いからといって無理をしてしまうことは避け、娘への祝福を贈ることが大切です。

 

 

 

・新築祝いの内容による相場変動

 

贈り物の内容によっても相場は変動します。

 

家電製品や家具、手作りのアイテムなど、贈り物の種類によって相場の幅が広がるため、検討が必要です。

 

 

・ 親の気持ちを大切にした相場の設定

 

最終的には相場だけでなく、親の気持ちも大切に考えることが重要です。

 

 

 

娘への祝福や愛情を贈り物に込め、相場に捉われずに温かい贈り物を選ぶことが肝要です。

 

新築祝いの相場設定は慎重に行いつつ、親子の絆を深める特別な瞬間となることでしょう。

 

スポンサーリンク

新築祝いの相場、親から子へ、一般的な相場やお祝いの品は?

新築祝いの相場は様々であり、地域や状況によっても異なります。

 

一般的な傾向を示すために、以下におおよその相場を挙げてみますが、これはあくまで一般的な参考値であり、具体的な状況によって変動します。

 

お金の贈り物 50,000円から100,000円

 

一般的な贈り物として、現金や振り込みでの贈り物が行われます。

 

これは、娘が自分で使い道を決めることができるため、喜ばれることが多いです。

 

家電製品や家具 30,000円から100,000円

 

家電製品や家具は、新居での生活に欠かせないアイテムとして贈られることがあります。冷蔵庫、洗濯機、テレビなどが一般的な選択肢です。

 

手作りの贈り物 5,000円から30,000円

 

手作りのアイテムや手仕事で作られたものは、親の思いが込められているため、金額よりもその想いが重視されます。手編みのブランケットや手作りの食べ物などが該当します。

 

ギフト券やカタログギフト 10,000円から50,000円

 

ギフト券やカタログギフトを贈ることで、娘が自分で好きなものを選ぶことができるため、便利な贈り物とされています。

 

相場は一般的な傾向を示すものであり、実際には家庭の事情や関係性、娘の好みによって大きく変わります。

 

親の気持ちを大切にしつつ、相手の状況を考慮して最適な贈り物を選ぶことが重要です。

 

 

スポンサーリンク

新築祝いは親として30万で良いか?

 

新築祝いにおいて、親としての贈り物を考える上で、30万円が適切な金額なのかどうか検討してみましょう。

 

この金額は娘への愛情や祝福を表現する上で十分なのでしょうか?

 

以下に、この疑問に向き合いながら詳しく解説します。

 

 

 

・娘の生活スタイルと期待値の考慮

 

娘が好む生活スタイルや期待するものによって、30万円が妥当かどうかが変わります。

 

贈り物が娘の生活にフィットしているか、考慮が必要です。

 

 

 

・家庭の経済状況の考慮

 

贈り物の金額は親の経済状況にも依存します。

 

贈り物が家計に無理なくフィットすることが、家族全体の安定感を保つために重要です。

 

 

 

・他の贈り物の選択肢の検討

 

30万円が贈り物としてふさわしいのか、他の選択肢も検討します。

 

家電製品、手作りのアイテム、ギフト券など、予算内で娘が喜ぶものを見つけましょう。

 

 

 

・娘夫婦の新生活の支えになるか

 

贈り物が娘夫婦の新生活をサポートする役割を果たすかどうかも重要です。

 

30万円が具体的な生活支援につながるならば、その価値は大きいでしょう。

 

 

・愛情と祝福を伝える手段

 

金額だけでなく、贈り物が親の愛情や祝福をどれだけ伝えられるかも考慮します。

 

時には価値ある思い出を残すことが、金額以上の意味を持つこともあります。

 

 

 

30万円が適切かどうかは、具体的な状況と娘の期待によって変わります。

 

家族全体が幸せで、贈り物がその一環となるよう慎重に選ぶことが大切です。

 

スポンサーリンク

新築(中古)祝いに贈る際、避けるべきアイテムは何でしょうか?

 

一般的に、「縁起を担ぐために火に関連するもの」は贈り物として避けるべきだとされています。

 

以下は新築祝いに贈っては避けるべきアイテムの例です。

 

火を連想させるものや刃物類、好みがあるものは避ける方が良いです。

 

  • 赤い花
  • 赤い物 赤い包装紙
  • コンロ ホットプレート
  • ライター たばこ 葉巻
  • 包丁 刃物類
  • 絵画 掛け軸 インテリア

相手が上記のアイテムをリクエストした場合は、上記のタブーとされる品物であっても、無理に避ける必要はありません。

 

お祝いは相手が喜んで活用できることが最重要ですので、相手の希望を優先して贈ることが良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事は、新築祝いにおける適切な金額や贈り物の相場について調査しました。

 

娘や息子への新築祝いの相場は通常、50,000円から100,000円とされています。

 

 

ただし、特定の事情がある場合、建築資金の援助があるなど、援助金を新築祝いとして充てることも一般的です。

 

また、金銭を贈る代わりに食事などでお祝いするケースもあるとのことです。

 

 

 

相場設定にはいくつかのポイントがあり、地域差や娘の生活スタイル、親の経済状況などを考慮する必要があります。

 

地域や生活水準の違いからくる相場差、娘の好みや生活スタイルに基づく相場設定、親の経済状況を考慮した贈り物、贈り物の内容による相場変動などが挙げられています。

 

最終的には、相場だけでなく親の気持ちも大切にし、温かい贈り物を選はれることもあります。

 

  • お金の贈り物が50,000円から100,000円
  • 家電製品や家具が30,000円から100,000円
  • 手作りの贈り物が5,000円から30,000円
  • ギフト券やカタログギフトが10,000円から50,000円とされています。

 

 

ただし、これらは一般的な傾向であり、具体的な状況によって変動します。

 

 

新築祝いに贈る際の避けるべきアイテムについては、「縁起を担ぐために火に関連するもの」は贈り物として避けるべきだで、具体的な例が挙げてみました。ただし、相手が希望するものがあれば、それを優先して贈ることが大切です。

 

   ライフ   0

この記事を書いた人

Rei

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
error: Content is protected !!