自販機の高さは何センチ?薄型や小型のサイズは?自動販売機の値段は?ダイドーやサントリー自販機のサイズも

・この記事はプロモーションを含みます

ライフ

自販機の高さは何センチ?薄型や小型のサイズは?自動販売機の値段は?ダイドーやサントリー自販機のサイズも

目安時間 6分

自動販売機は私たちの日常生活に欠かせない存在となっています。

街中や駅、オフィスビルなどさまざまな場所で目にすることができますが、その高さやサイズに関しては気になる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、自販機の高さや薄型、小型のサイズ、さらには主要メーカーであるダイドーとサントリーの自販機のサイズについて紹介します。

スポンサーリンク

自動販売機の高さ(縦)は183cm?

一般的な自動販売機の高さは、約183cm(センチメートル)です。

これは、身長の平均的な成人男性よりも高いですよね。

自販機は人々が商品を取り出しやすいように設計されており、一般的な身長の方でも上に伸ばした手で商品を取ることができるように配慮されています。

ただし、設置場所やメーカーによって若干の差異がある場合もあります。

自販機の薄型のサイズは?

自販機の薄型モデルは、一般的な自動販売機と比べて厚さが薄く設計されています。

具体的な薄型モデルのサイズは、メーカーや製品によって異なりますが、一般的には約70cmから90cm程度の幅があります。

これにより、限られたスペースにも設置が可能であり、通路や狭い場所でも邪魔になりにくい特徴があります。

また、薄型モデルでも商品の種類や数には変わりありませんので、利便性を損なうことなく設置することができます。

 

スポンサーリンク

自販機の小型のサイズは?

小型の自販機は、主にオフィスや個人の店舗など限られたスペースでの利用を考慮して設計されています。

一般的な小型モデルのサイズは、幅約50cmから60cm、奥行き約50cmから60cm、高さ約150cm程度です。

このサイズにより、狭いスペースでも設置が可能ですし、小型ながらも必要な商品の種類を提供することができます。

小型自販機は、飲み物やお菓子などの軽量で小さな商品を取り扱うことが主な特徴です。

また、設置場所によっては壁掛け型の小型自販機も利用されており、よりスペースを節約することができます。

 

スポンサーリンク

自販機の値段は?

自動販売機の値段は、様々な要素によって変動します。

一般的な自販機の価格帯は、数十万円から数百万円になることが多いです。

値段は設備の品質や機能、サイズによって異なります。

例えば、高機能や大型サイズの自販機は価格が高くなる傾向があります。

また、中古の自販機も市場に出回っており、それぞれの状態や年式によって価格が変動します。

自販機の導入を考える際には、予算や必要な機能を考慮し、メーカーや販売業者と相談することが重要です。

 

スポンサーリンク

ダイドーの自販機サイズは?

ダイドーは日本を代表する飲料メーカーであり、数多くの自動販売機を展開しています。

ダイドーの自販機のサイズは、一般的な自販機と同様に高さ約183cmです。

幅や奥行きにはメーカーやモデルによって多少の差異がありますが、一般的には幅約100cmから120cm、奥行き約80cmから90cm程度です。

ダイドーの自販機は、多種多様な飲料を取り揃えており、街中や駅などでよく目にすることができます。

 

スポンサーリンク

サントリーの自販機サイズは?

サントリーもまた日本を代表する飲料メーカーであり、自動販売機事業も展開しています。

サントリーの自販機のサイズは、一般的な自販機と同様に高さ約183cmです。

幅や奥行きに関してもメーカーやモデルによって異なりますが、一般的には幅約100cmから120cm、奥行き約80cmから90cm程度です。

サントリーの自販機は、コーヒーやお茶、炭酸飲料など様々な飲料を提供しています。

サントリーの自販機は、美味しい飲み物を手軽に楽しむことができる便利な存在として、多くの場所で利用されています。

 

スポンサーリンク

まとめ

自動販売機は私たちの生活を便利にしてくれる存在です。

一般的な自販機の高さは約183cmであり、身長の平均的な成人男性とほぼ同じくらいです。

また、薄型モデルや小型モデルもあり、限られたスペースでも設置が可能です。

自販機の値段は機能やサイズによって異なり、数十万円から数百万円に及ぶことがあります。

ダイドーやサントリーなどの主要メーカーの自販機も一般的なサイズで展開されており、豊富な商品ラインナップで利用者に便利さを提供しています。

自動販売機は、私たちが日常生活で利用するだけでなく、街の風景や文化の一部としても重要な役割を果たしています。

今後も技術の進歩や需要の変化に合わせて、さまざまな新しいタイプの自販機が登場することが期待されます。

自販機が私たちの生活をより便利で楽しくする一翼を担っていることは間違いありません。

   ライフ   0

この記事を書いた人

Rei

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
error: Content is protected !!